• 植毛により健康な毛根で発毛する

    頭皮の健康状態が気になる男性は年々若年化数傾向にあります。
    いわゆる若ハゲなどと言われるように、食生活の乱れや不規則な生活リズムによって、ホルモンバランスの変化やストレスにって若くして髪の毛が抜けてしまう人もいます。近年では植毛・増毛技術の進歩により、以前のフサフサだったころと同じような状態を取り戻すことができるようになってきています。簡単にできるのは増毛のほうで、シートを頭皮に直接貼り付けるものが手軽です。


    また、自毛のに複数の人口毛をくっつけるタイプのものもあります。
    どちらもメンテナンスが頻繁に必要になるため。



    少し面倒です。
    一方植毛は、健康な毛根を髪の毛のない部分に移植してくることで、自然な髪の毛を生えさせることができます。

    人口毛による植毛もありますが、危険が多くデメリットが多いためまず行われません。



    自毛による植毛の場合、後頭部や側頭部のように男性ホルモンによる抜け毛の影響を受けにくい部分の毛根を、今現在髪の毛のない部分に移植してきます。
    そしてその毛根の組織がその場所に定着することで、また自然と髪の毛が生えてきます。



    毛根を取り除いた部分から髪の毛はもう生えてきませんが、側頭部や後頭部は密度もあるので、必要量だけ集めて移植することで自然な感じに仕上げることができます。
    術後の経過は、移植すぐは一度毛が抜け落ちるためすぐには実感することはありません。しかし半年ほどたつと産毛が生えてきて、その場所に髪の毛が再生するようになってきます。

    このようにして、一度ハゲてしまった部分でも、また健康な状態の毛根による自然な発毛が期待できます。