• 健康診断に自毛植毛を受けたことを申告する必要は

    自毛植毛をした場合、健康診断を受ける際、基本的に、手術を受けてから1ヶ月以上もたっている場合には、申告をする必要はありませんが、自毛植毛を受けた直後の場合には、特に血液検査の結果の数値に影響を与える可能性があります。
    自毛植毛を行う際には、移植する細胞が自分の後頭部や側頭部の毛包細胞を移植するため、移植後の拒絶反応がないということがメリットのひとつです。



    異物を入れるわけでもないため、副作用の心配はありません。

    しかし、自毛植毛は手術ということで、体に多少なりともダメージを受けることになります。手術は頭皮を傷つけるため、体にダメージを与える行為のため、炎症がおき、炎症がおきると健康診断の血液検査で白血球やC反応性タンパクの数値が体の炎症や組織細胞の破壊が起こることで増加し、傷自体それほど大きなものではないものの、血液検査の際に数値を大きく変動させてしまう場合があります。健康診断で数値が上がってしまう原因はそれだけではありません。



    炎症予防などのために手術直後から渡される抗生物質の服用期間中にも抗生物質の種類によって血小板の減少やGOT,GPTの上昇などの症状が現れます。



    自毛植毛を受けた際に必ずそういった異常値がでるとは限りませんが、手術直後や薬の服用によって数値が変動することがあるため、対策として、手術直後に申告することが嫌な場合は、決まった健康診断の日がある場合には直前の一ヶ月は避けることと、決まっていなければ術後一ヶ月くらいたって傷が治ってから受けることがお勧めです。