• 植毛と健康保険について

    • 日本においては、国民皆保健制度が設けてあるために、全ての国民が健康保険証を提示することで低額の医療費負担で治療を受けることができるようになっています。


      但し、健康保険が適用とされない症状に関しても数多くあり、治療や施術を受ける場合には事前に確認をすることが必要になります。髪の問題への対処法としては植毛を始めてして医薬品を利用する方法など、いくつかの治療法がありますが、その全ては健康保険が適用されない、いわゆる自由診療扱いとなっています。



      特に植毛に関しては、方法や施術面積によっても高額な費用が必要となるために確認をすることが重要なことになります。
      基本的に健康保健に関しては、生命を脅かすなどの問題がある症状や、身体的な疾患による生活への影響を避けるための医療行為に対してのみ適用されるようになっており、そのために植毛などには使用することができなくなっています。保健適用外となる自由診療では、国が定めた保険点数に左右されない料金設定が可能となることを意味しており、そのために、クリニックや医療機関においては、大きな差が生じることになります。植毛などでは、その施設で用いている方法や特徴などによって安い場合もあれば、高額な費用がかかる場合もあります。



      健康保険の場合には、同じ処置であれば、多少の地域差は生じるものの、基本となる保険点数が一定のために治療費に関してはほぼ同一金額が提示されることになり、施設に関係なく安心して治療を受けることができますが、自由診療に関しては、それぞれに違いがあるために注意が必要となります。

      独自のシステムで埼玉の保険情報に関するかしこい運用法をチェックしてください。

  • 健康の秘密

  • 健康のコツ

  • ためになる情報・これからの健康

    • 健康診断に自毛植毛を受けたことを申告する必要は

      自毛植毛をした場合、健康診断を受ける際、基本的に、手術を受けてから1ヶ月以上もたっている場合には、申告をする必要はありませんが、自毛植毛を受けた直後の場合には、特に血液検査の結果の数値に影響を与える可能性があります。自毛植毛を行う際には、移植する細胞が自分の後頭部や側頭部の毛包細胞を移植するため、移植後の拒絶反応がないということがメリットのひとつです。...

    • 植毛により健康な毛根で発毛する

      頭皮の健康状態が気になる男性は年々若年化数傾向にあります。いわゆる若ハゲなどと言われるように、食生活の乱れや不規則な生活リズムによって、ホルモンバランスの変化やストレスにって若くして髪の毛が抜けてしまう人もいます。...