がんは早期発見が大切、年に一度がん検診を受けよう

バナー

がんは早期発見が大切、年に一度がん検診を受けよう

自分の体であっても体の中は見ることができません。
それは医師でも同じです。

体の内部を見ることができる医療機器や、血液や体液、排泄物、または採ることができる細胞を調べてもらうことで体の中身が正常かそうでないかが判断できるのです。その判断も自分ではできず、医師や臨床技士などに頼るしかないのです。



悪い病気になれば、それを発見してもらうことが必要です。


どんな病気でも自然に治るものならよいのですが、放置していてはどんどん悪くなるばかりの病気もたくさんあります。



中でも多くの人が恐れている病気はがんです。

がん検診について気になる方はこちらです。

医学の発達によってがんは早期発見できれば完治する病気です。
しかしがんは早期のうちはがん検診を受けないとわからないのです。

他の病気なら自覚症状が現われて、それからおかしいと気づいて病院に行っても治療できるものもたくさんあるのですが、がんは自覚症状が出てくるころはかなり進行した状態なので、手術などの治療が難しく死に至ることもあります。


だからまだ自覚症状のない早期のうちに発見してもらって治療をすることが治る方法となるのです。

そのためには自分では元気だと思っていてもがん検診を受けることが必要になります。
しかも一度受けたから大丈夫というものではなくて、一年前には異常がなくても今年は異常がみつかったということが多々あるので毎年がん検診を受けることが望ましいのです。日本でもがんでなくなる人がとても多いので、国をあげてがん検診に力を入れています。

検診代に高い費用が掛かるので、国や市町村が一部、または全額負担するという補助をして、多くの人ががん検診を受けることができるようにしているので、ぜひそのようなものを利用して受けるようにしましょう。



Copyright (C) 2014 がんは早期発見が大切、年に一度がん検診を受けよう All Rights Reserved.